プロペシアの辞めどきについて考える男性

プロペシアはいつやめる?

プロペシアなどのAGA治療薬、使用者たちの間でよく物議を醸すのが、「一度服用したらいつやめればいいのか」ということです。ここでは私が過去に使用していた「プロペシア」と、その辞めどきについてお話します。

AGAの治療薬、プロペシア

AGAとは男性型脱毛症と訳される症状です。個人のライフスタイルなどにより原因は異なりますが、いちばんは男性ホルモンが特定酵素の作用を受けより強力な作用を持つ物質に変換されてしまうこと、そしてその影響により発毛や育毛が阻害されることだと言われています。ですからAGAの治療に際しては、男性ホルモンの過剰な分泌を抑制し、特定酵素との結合を抑えることが必要です。そのために治療薬として使用されているのがプロペシアです。プロペシアに含まれている成分は、もともとは男性の前立腺疾患の治療に際して使用されていたものです。そこで発毛に対する影響も認められたことから、その成分を含んだプロペシアがAGA治療にも使用されるようになったと言う経緯があります。プロペシアの特徴としては、使い続けることで高い割合で効果があらわれていると言う点が挙げられます。AGAの最たる原因である男性ホルモンと特定酵素に作用をもたらすので、このような結果が出ていると言うわけです。ただしプロペシアには注意点もいくつかあります。まずは副作用です。薬なので肝臓に対する負担は避けられませんし、男性ホルモンに作用をもたらすので男性の性機能、男性らしい体、また心の面に影響が出てくる恐れも指摘されています。プロペシアを飲んでいる間だけではなく、服用を終了してから数年後にこのような副作用が出てくると言う例も報告されています。それからもうひとつは、女性は触れることすら禁じられていると言う点です。女性の体内にも男性ホルモンは分泌されていますが、その量はごく僅かです。そのためプロペシアの成分によってその分泌が抑制されると、女性ホルモンの分泌バランスまでみのが狂ってしまい、心身に大きな影響が出てくる恐れがあるためです。更に妊娠中の女性の場合、その影響が胎児にまで及ぶ可能性もあるとされています。

髪の毛が生えたらプロペシアの服用をやめていい?

プロペシアはフィナステリドを有効成分にしたAGA治療薬で、その効果が認められて厚生労働省にも認可を受けている飲み薬です。ただし、効果があるのはAGAの症状を抑えるという点においてのみで、原因そのものを取り除いて完治させるというものではありません。AGAの原因は男性ホルモンのDHTと呼ばれるもので、毛母細胞に影響を与えることで成長因子を阻害し、ヘアサイクルを大きく狂わせます。このDHTは男性ホルモンのひとつで、体内では9割以上を占めると言われるテストステロンと、毛乳頭細胞に存在する5α還元酵素が結びつくことで生成されます。AGA治療薬のプロペシアは5α還元酵素阻害薬と言われていて、その文字通りの阻害作用によってDHTの生成を抑制し、ヘアサイクルの乱れを正常にすることで毛髪が成長するのをサポートします。急激な発毛作用はありませんが、正常に髪の毛が伸びることによってこれまで抜け落ちていた毛髪も復活し、AGAが発症する前の状態にまで戻すことが可能となります。ただし、プロペシアの効果は一時的なもので、1度飲んだからといって効果が続くわけでもなく、髪の毛が元通りになったからといって抜け毛がなくなるわけでもないのです。5α還元酵素の働きを抑えているので、服用を中止すれば再びDHTの生成が行われて、ヘアサイクルが乱れることで抜け毛が始まるようになります。そのため、十分に髪の毛が生えたからといってすぐに休薬や断薬をするのではなく、1日1回だったものを3日に1回など徐々に減らして様子を見るようにします。その間に運動療法や食事療法など、その他の対処療法を行いながらAGAを治療していくのが一般的となっています。

プロペシアをやめた途端に髪がまた抜けていくのか

男性型脱毛症に対してプロペシアが有効とされています。脱毛を抑制して発毛し易い環境へと改善してくれますので、有効な薬として病院でもよく利用されているのです。しかしながらプロペシアで発毛させることができた場合でも使用をやめてしまうと元に戻ってしまう可能性があります。発毛ができたのはあくまでもプロペシアの力ですから、薬の作用がなくなれば元に戻ってしまうことがあるのです。中止したからといってただちに薄毛になるようなことはありませんが、しかしいずれは元に戻ってしまうと考えておいた方が良いでしょう。元に戻ってしまう可能性がある為に基本的にはずっと使用し続けることが大切です。継続する限りは男性型脱毛症によって薄毛になるリスクも軽減することができますので、特に問題がなければ続けるようにした方が安心と言えます。ただ、プロペシアを飲んでいると副作用が出たり、金銭的な負担になってしまうことがありますので継続が難しくなってしまうかもしれません。そういった場合の対策方法ですが、まずミノキシジルといった発毛剤で対処するやり方があります。ミノキシジルも高い効果があるとされていますが、プロペシアで発毛した状態をキープできる可能性もあるのです。軽度の薄毛ならミノキシジルだけでも十分なこともありますので、程度によってはプロペシアをやめてしまってもそれほど大きな問題ではないこともあります。ノコギリヤシへとシフトするのも一つの選択肢です。ノコギリヤシは天然のハーブですが、プロペシアと似たような働きをすると見られているのです。確実に効果があると実証されているわけではないものの、しかし安全に男性型脱毛症対策ができる可能性もあり、効果に期待がされている存在でもあります。