プロペシアの辞めどきについて考える男性

プロペシアなどのAGA治療薬、使用者たちの間でよく物議を醸すのが、「一度服用したらいつやめればいいのか」ということです。ここでは私が過去に使用していた「プロペシア」と、その辞めどきについてお話します。

プロペシアとエクステの効果を比較した結果

薄毛対策の方法にプロペシアを飲む対策法とエクステによる対策法があります。
プロペシアのメリットは自毛を回復できる可能性があることです。脱毛を予防して発毛し易くさせる薬ですので、自毛の回復に拘りたいという時には利用した方が良いでしょう。また、効果に関してもきちんと認められていますから回復への期待ができる薬です。
デメリットは薬を飲むことになりますので副作用を心配しなければいけないことです。副作用も確認されている薬であり、尚且つ精力減退や肝機能障害といった軽くない副作用ですからよく考えて飲む必要があります。また、副作用だけでなく後遺症のリスクもあることが確認されている薬です。
費用が掛かり続けてしまうのもデメリットと言えます。プロペシアはずっと飲み続ける必要がある薬であり、もし服用を止めると元に戻ってしまうのです。その為にずっと飲み続ける必要がありますし、それに伴い金銭的な負担も掛かり続けます。
エクステのメリットは即効性があることです。プロペシアを服用してもすぐに回復することはなく、またいつ効果が出るのか不明な点もあります。その点、エクステならば施術を受ければすぐにボリュームを出すことができますので、プロペシアと比較すると薄毛を早く隠したい時に優位性があると言えるでしょう。
デメリットはあくまでも人工の髪の毛にしか過ぎないことです。付け毛ですので根本から髪の毛が増えたわけではなく、外してしまえば薄毛に戻ってしまいます。その為、薄毛の悩みが解決されたわけではありませんし、誤魔化しているに過ぎないと言えます。
プロペシア同様に費用が掛かり続けるのもデメリットです。付け毛には寿命があり定期的に交換が必要ですのでどのみち費用は覚悟しなければいけません。