プロペシアの辞めどきについて考える男性

プロペシアなどのAGA治療薬、使用者たちの間でよく物議を醸すのが、「一度服用したらいつやめればいいのか」ということです。ここでは私が過去に使用していた「プロペシア」と、その辞めどきについてお話します。

プロペシアのように薄毛を抑制し毛生えする植物

プロペシアといえば、その中に含まれているフィナステリドという成分がAGAの主な原因であるDHTを生成する還元酵素、5αーリダクターゼを阻害する働きがあるので、薄毛の進行を食い止める作用がある発毛薬です。

一般的でAGA専門クリニックなどの医療機関で処方してもらったり、あるいはネット通販で絵画から個人輸入したり、海外輸入代行サイトなどから購入することができるとされています。

しかし、プロペシアはもともと薄毛改善のための薬として開発されたものではなく、男性の前立腺肥大の治療薬として開発されたものが、薄毛改善にも効果があるとして育毛剤などに使用されるようになったものです。

そのため、薄毛を抑制する効果が期待できても副作用が強いことがデメリットといえます。
プロペシアは男性ホルモンに作用するため、勃起不全や精力減退などの副作用が起こることがあり懸念されています。

薄毛が改善できたとしても、男性機能が元気がなくなったり健康被害が起きては意味がありません。

そこでおすすめなのが、身体への負担が少なく毛生えの効果も期待できる植物成分であるノコギリヤシです。

ノコギリヤシとは、アメリカの北米から南米にかけて葉がギザギザになった植物で、プロペシアと同じく5αーリダクターゼを阻害するために薄毛の進行を抑える効果が期待できます。

その他にも、女性のホルモンバランスを整えることで皮脂分泌を減らしてニキビや吹き出物の改善に効果があったり、頻尿や尿漏れなどの尿トラブルの改善にも有効なことと、身体への副作用を気にすることなく摂取できるとされています。

健康的に薄毛を改善したい人、あるいは副作用が気になる人は体への負担が少ないのにプロペシアと同じ効果が期待できるノコギリヤシを試してみることをおすすめします。