プロペシアの辞めどきについて考える男性

プロペシアなどのAGA治療薬、使用者たちの間でよく物議を醸すのが、「一度服用したらいつやめればいいのか」ということです。ここでは私が過去に使用していた「プロペシア」と、その辞めどきについてお話します。

手遅れにならないためにも若ハゲのうちにプロペシアを

頭皮が見えるような状態になると、完全には回復することができないのが現在のAGA治療の限界です。ただ早ければ早いほど、AGA治療を始めれば、それだけ進行を食い止めることができ、改善に向かうのもAGAです。若ハゲのうちに改善を試みることが大切であり、まずはプロペシアから始めてみることをおすすめします。手遅れにならないためにも、若ハゲのうちに対策を練りましょう。

環境ホルモンや生活環境の変化、ストレス社会などと若ハゲの原因として挙げられますが、若い人の薄毛が多くなっています。欧米人の食生活が脱毛原因となる男性ホルモンを分泌させるようになったなども言われていますが、真実はまだ明らかにされていません。ただひとつ確かなことは、若いときに早めに治療を開始すれば現状維持以上の効果を認められているのが現在のAGA治療薬です。一般的に飲む育毛剤として知られているプロペシアは抜け毛防止と強く成長させる効果を持っていますので、頭皮が透けたり明らかに本数が足りなくなっている状態でなければ、発毛剤を使わずに改善できる期待を持てます。

発毛剤を使うようになるのがひとつの壁です。発毛剤を求めるAGA治療となると、完璧に改善するのは難しいことが多く、いかにしてプロペシアだけで改善を試みることができるのかが重要です。だからこそ若ハゲであることを自覚しているうちにクリニックに行って、症状を確認してもらい、プロペシアの処方を受けましょう。

自分がAGAの可能性であるのかわからなければ、抜け毛からそれを推察することができます。抜けた毛を見て、先が尖っていれば、それだけ成長期に抜けていることを意味しますので、若ハゲの可能性が高いことを示唆しています。